Date:
2017年4月1日
Place:
墨堤(ぼくてい)さくらまつり
Lens:
Meopta Openar 1:2 f=45mm


墨堤(ぼくてい)さくらまつり w/ Meopta Openar 1:2 f=45mm - 2017-4-1

銀座線浅草駅あたりから北方面、隅田川を挟む両岸は、台東区側(浅草駅側)も墨田区側(スカイツリー方面)も、多くの桜が咲く。墨田区河川沿いでは墨堤(ぼくてい)さくらまつりと称して、お祭りも開催される。

アサヒビールの前から隅田公園沿いを歩き、隅田公園、牛嶋神社へ。途中に、お祭りの会場や愛護会の方々による出店などもある。

墨堤(ぼくてい)さくらまつり w/ Meopta Openar 1:2 f=45mm - 2017年4月1日撮影
墨堤(ぼくてい)さくらまつり w/ Meopta Openar 1:2 f=45mm - 2017年4月1日撮影
墨堤(ぼくてい)さくらまつり w/ Meopta Openar 1:2 f=45mm - 2017年4月1日撮影
墨堤(ぼくてい)さくらまつり w/ Meopta Openar 1:2 f=45mm - 2017年4月1日撮影
墨堤(ぼくてい)さくらまつり w/ Meopta Openar 1:2 f=45mm - 2017年4月1日撮影
墨堤(ぼくてい)さくらまつり w/ Meopta Openar 1:2 f=45mm - 2017年4月1日撮影
墨堤(ぼくてい)さくらまつり w/ Meopta Openar 1:2 f=45mm - 2017年4月1日撮影
墨堤(ぼくてい)さくらまつり w/ Meopta Openar 1:2 f=45mm - 2017年4月1日撮影

レンズはチェコスロバキア製レンジファインダーカメラ、オペマ用の Openar 45mm F2。オペマの発売が 1949年なので、単純掲載で 68年前のレンズだが、傷も無く青いコーティングが美しい。レンズは、フォーカシングヘリコイドに 3D プリンタで作成したアダプタを噛ませて無限遠が出るようにしてある。

万人受けするボケ味でもなく、周辺光量落ちも非常に大きい。一方で、沈胴式レンズだから、逆光には強い。
撮れた写真云々も重要ではあるが、このレンズは何よりファインダーに映る絵が美しく、工芸品のような見た目のこのレンズは、持ち歩き、ファインダーを覗くだけでもとても楽しい。

©PULP.photo, All Rights Reserved.