Tokyo Odissi Festival vol.3

第3回 東京オリッシーフェスティバル


自身がインド古典舞踏オリッシーのダンサーであり、『東インド古典舞踊・オリッシー安延佳珠子インド舞踏スタジオ』を主催されている安延佳珠子さん。日本に於けるオリッシーの第一人者の一人であり、九段下はインド大使館でオリッシー講座の講師もされている。今回は第三回東京オリッシーフェスティバルを主催、インド大使館に毎週通っていたからかインド好きが講じてか、縁あって撮影させていただくことになった。

東インド古典舞踊・オリッシー安延佳珠子インド舞踊スタジオ

Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル
Odisha utsav 2019 / 第3回 東京オリッシーフェスティバル

レンズは Lomography Petzval 58/1.9、TAMRON SP 80-200mm F/2.8 LD(30A)、など。カメラは CANON EOS 6D と SONY α7s。

TAMON 30A は、当時でこそ定価 143,000 となかなか高価なレンズ。スペックだけ見れば 80-200 の中望遠ズームで 2.8 通しで高価なのは当然、とはいえ現在では二束三文に近い価格で手に入る。普段、基本的には『見た通りには写らない MF レンズ』しか使わないわけだが、パキッとしたものが撮りたい事も、特に今回のようなケースではある。例えば最近の AF の同スペックのレンズは恐らく恐るべき素晴らしい写りをするのだろうが、年中 MF レンズ × ミラーレス一眼で撮影をしている身からすると、暗所であってもピント合わせは苦もなく行え、描写に関しても普段『写らない』レンズばかり使ってる感覚からすると何ら問題が無い。というわけで TAMRON 30A は非常に良いレンズ。