Date:
2016年3月26日
Place:
台東区 浅草
Lens:
NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm


台東区 浅草 w/ NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm - 2016-3-26

微妙に持ち歩いたりはしていたものの、きちんと向きあって撮影していなかった 58mm のほうの NEW Petzval。海外からの旅行者が増えたのが大きいと思うが、訪れる旅に人が増えているような気がしてならない浅草寺界隈を闊歩。

しかし来訪者が増えたことで、日本の観光地全てが現状オーバーキャパになっているような気がする今日このごろ。…いや、決して悪い意味ではなく単に増えているなと感じているだけ。

2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm, horizontal: yes, horizontalType: left
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm, horizontal: yes, horizontalType: right
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm
2016年3月26日、台東区 浅草、NEW Petzval 58 BOKEH CONTROL ART LENS / 1:1.9/58mm

絞りは全て開放で撮影。

所謂「ボケコントロールリング」には、1〜7 の数字が刻印されており、変更することでボケ味が変わり、1 がおとなしい状態で、7 が最も激しい状態。縦位置の写真二枚は、それぞれ放射状のボケとぐるぐる状のボケが出ているが、いずれもボケコントロールリングの数値は 7 で共通、違うのは焦点距離だけで、放射状のボケのほうの焦点距離は 10m ほど、ぐるぐるボケの焦点距離は 2〜3m ほど。

つまり、ボケがぐるぐるした写真が撮れる状況はそこそこ限定的。
レンズの最短撮影距離を鑑みて、例えばフルサイズ CCD の比率 3:2 の画面なら、画像の長編を実寸換算すると 40cm 〜 80cm くらい、被写体までの距離で言うと、撮像素子から 50cm から 2m 程度の範囲で撮影した場合のみ、ボケがぐるぐるになる。
当然、ボケコントロールリングの数値は 7 に近いほどぐるぐるボケ感が強い。

©PULP.photo, All Rights Reserved.

その他の投稿・検索

Search
Recommend
Latest Article
Latest Photograph