Schneider Xenon 50mm/2 と台湾

最終日は朝から送迎が来るので、本日は実質最終日。午前中はひとまず龍山寺へ。

台北もそうだったが、台湾は古い町並みや文化が多く残っている。
街中に溢れる安価でノスタルジックな屋台などは、資本主義の台頭により、とっくに蹂躙されてしまっても良さそうだが、そうならないのは根ざす宗教等が良い影響をもたらしているからだろうか。
以前、バリのバリ人の知り合いがバリ・ヒンドゥーの話をしてくれたときに同じ事を思ったのだが、彼は『自分だけが幸せになってはならない』『困っている他人は助けなくてはならない』といったような前提がバリ・ヒンドゥーにはあると言っていた。先進国の常識からすると、それらは単なる『あるべき論』レベルの扱いで現実味はまるでない。そんな所謂先進国ではおとぎ話のような現実味のない前提が国全体に宗教として根ざしているのは、素晴らしくもあり国家視点で見ると良くもできているというかなんというか。

その他の投稿・検索

Search
Recommend
Latest Article
Latest Photograph