Date:
2016年1月31日
Place:
浅草
Lens:
Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm


浅草 w/ Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm - 2016-1-31

Camera wiki によると、Laack は、世界で初めてカメラ・双眼鏡・顕微鏡用のレンズを製造した会社らしい。創業は1884年。とはいえ、Voigtlander など他に老舗が色々あると思うが…。
1934年には、"500,000本のレンズを製造した"という広告を出したとのこと。創業から50年後のことなので、単純計算で一年あたり10,000本のレンズを造ったことになる。

とはいえ、現在においては過去にマイナーなブランドという扱いとなり、情報も少ない。当該レンズ Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm は、引き伸ばし機用のレンズで、製造年月日は不明。デザインやネジのピッチから察するに1920〜1940年あたりの製造だろうか。レンズにコーティングもされていない、2cm ほどの小さなレンズ。

2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm
2016年1月31日、浅草、Laack Super - Definon 1:3.5 f=5.5cm

以前、まだ暖かい時期に、このレンズで青々とした芝生と木々の中で撮影した際は "この世の終末" 的な写真が撮れてしまったが、今回は撮影した場所のせいもあり、昔の写真のような雰囲気になった。
ノンコーティングのレンズ=ハイライトを拾う写真=昔の写真、という無意識の先入観も手伝ったりしているかもしれない。

写真は実は2枚ずつ関連があって、同じ場所・モチーフ・意味・色などのつながりをなんとなく持たせてある。

古いレンズには古い町が似合う。

©PULP.photo, All Rights Reserved.

その他の投稿・検索

Search
Recommend
Latest Article
Latest Photograph